猫に鈍器
猫に鈍器
日々の雑感など

猫に鈍器TOPページへ 最新の記事へ
過去ログ(2018・01-03)
過去ログ(2017・10-12) 過去ログ(2017・7-9) 過去ログ(2017・4-6) 過去ログ(2017・1-3)
過去ログ(2016・10-12) 過去ログ(2016・7-9) 過去ログ(2016・4-6) 過去ログ(2016・1-3)
過去ログ(2015・10-12) 過去ログ(2015・7-9) 過去ログ(2015・4-6) 過去ログ(2015・1-3)
過去ログ(2014・10-12) 過去ログ(2014・7-9) 過去ログ(2014・4-6) 過去ログ(2014・1-3)
過去ログ(2013・10-12) 過去ログ(2013・7-9) 過去ログ(2013・4-6) 過去ログ(2013・1-3)
過去ログ(2012・10-12) 過去ログ(2012・7-9) 過去ログ(2012・4-6) 過去ログ(2012・1-3)
過去ログ(2011・10-12)
過去ログ(2011・7-9) 過去ログ(2011・4-6) 過去ログ(2011・1-3)
過去ログ(2010・10-12) 過去ログ(2010・7-9) 過去ログ(2010・4-6) 過去ログ(2010・1-3)
過去ログ(2009・10-12) 過去ログ(2009・7-9) 過去ログ(2009・4-6) 過去ログ(2009・1-3)
過去ログ(2008・10-12) 過去ログ(2008・7-9) 過去ログ(2008・4-6) 過去ログ(2008・1-3)
過去ログ(2007・10-12) 過去ログ(2007・7-9) 過去ログ(2007・4-6) 過去ログ(2007・1-3)



 
04月15日(日)  やさしい? 国際標準PLC その5

  ハリル爆弾発言してくんねーかなー。

  ということで、

  
「 制御システム(PLCシステム)事業の課題

  続き。その5とその6はまた似てるので一緒に。

  
5.日常使っていないPLC メーカ・機種を使う場合は、知識取得に多くの時間が
    要るし、 納期確保・品質のリスクも伴う。新たなPLCの採用には二の足を踏む。


  
6.新しいメーカや機種の使用やIEC-PLCの導入は、優秀な技術者でないと対応が
    できない。 しかし、これができる技術者は限られ、またこの人達は業務で忙しく、
    マンパワーを 割くことができない。新たなPLCの採用には二の足を踏む。


  二の足踏みまくってますね。 ( ;゚Д゚)

  でもって、

  
「 IEC−PLCの導入は、優秀な技術者でないと対応ができない 」

  と、ここで一度オチを持ってきてしまってます。

  でも、要するに、「 慣れたこと以外やろうとすると、 ( 当初は )コスパ悪い 」 というだけの話であって、
 それはどんな業界のどんな仕事でも同じだと思うんだけどなあ。

  確かに、PLC はほとんど三菱しか使っていない会社が、「 FA−M3 」 使え、と言われたら 「 え〜・・・」 ってなる
 かもしれません。ずっとOMRONばっかり扱っていた人に、「 この仕事はSHARP じゃなきゃダメだってさ、がんばって 」
 って言ったら拒否反応示すかもしれません。

  だけどな・・・。ここでも2,3度書いたことあったと思うけど、PLCのメーカーの違いなんて、本当に、単純に
 慣れでしかないのよ。
  
「 対応できない 」 んじゃなくて、「 対応がめんどくさい 」 だけなの。
  重要なのは、その 「めんどくさい 」 をどう捉えるかってことだと思うのね。
  ずっと三菱のPLCばかり扱ってきた会社に、飛び込みの一品モノで富士電機PLC の仕事の依頼が舞い込んだ時、
 思い切って断るか、それとも将来を考えてコスパ悪くても受けるか、を判断するって話でしかないの。

  それは、メーカーの違いだけでなく、IEC−PLC導入に関しても同じこと。
  「 優秀な技術者 」 じゃないと対応できないんじゃなくって、対応をめんどくさがる人が一定数は必ずいて、
 その 「 めんどくさい 」 を会社としてどう捉えるかってことね。

  どっとはらい。




 
04月14日(土)  転職

  4月から新卒、転職で新たに働き始めた人たちも、そろそろ慣れた頃でしょうか。新卒組はともかく、転職組は

  
「 こんな会社だとは思わなかった ・・・ 」

  と後悔してる人もいるかもしれませんね。早目の見極めも大事ですよ。

  静岡の求人サイトに
『 転職のかんづめ 』 というのがあるんですけど、そのTVCMが

転職の缶詰

  いやもう、
おっ〇い にしか目がいかない ( あと、後ろに並んでる缶詰も気になる ) というナイスなCMです。

  https://www.youtube.com/watch?v=M1NlSP-lv40   ( 音が出ます )

  盤屋さんの求人の場合、設計か、製作かで業務内容が全然違うので、最低限そこは間違えないようにしてね。

  ではまた。




 
04月10日(火)  サッカーネタです

  前回、「 W杯まであと2か月ちょっとやなあ・・・ 」 と呟いたのは、実はその後に

  
W杯期間中は仕事しねーぞ、俺は!!

  と続けるつもりだったわけではないんです。本当なんです。
  本当は、
「 なんでいまだに選手選びやってんねん ・・・」 と続くところでした。

  それがまさかのハリル解任で、

悟浄

  ですよね。
  いや、解任自体はともかく、今かよ! ・・・ってみんな思ってますよね。俺もそう思う。

  まあ、もはや逆境を楽しむしかない。なんか、燃えません? こういう展開。

  というわけで、やっぱり仕事はしないかもしれません。すまん。




 
04月07日(土)  GP2000シリーズの通信異常

  W杯まであと2か月ちょっとやなあ・・・。

  せっかく情報をもらったので。

  GP2000シリーズで、読み出したプロジェクトをそのまんま書き込んでも、通信異常が発生するケースがあるらしいです。

  何故このような事象が起こるかと言うと、ProPBVのバージョンの
 違いによるものらしい。
  とうのは、デジタルに限らず三菱でもキーエンスでもそうですが、
 書き込み ( ダウンロード ) する時に、タッチパネルの本体バージョンを
 更新するんですね。

  で、今回の場合だと、古い本体バージョンではエラー扱いされなかった
 バグっぽいものが、新しい本体バージョンではエラー扱いとなって、しかも
 どこがエラーなのか分からない、という状況に。
  こうなっちゃうともう、にっちもさっちもどうにもブルドッグ。

  これの解決方法と言うのが結構手間ヒマかかるみたいですが、
 どうにか編み出したようです。えらい。

  で、その解決方法ですが、書くのが面倒くさいので

  
御無礼

  やめますけど、解決策はあるので、もし似たような状況に陥った人は安心してください。つーか、ふる〜い、GP2000シリーズ
 ( 恐らく77シリーズとかも同じ ) のアップロード → 変更 → ダウンロード をする際には、ちょっと気をつけた方がいいかもよ、
 って話です。

  ではまた。




 
04月06日(金)  やさしい? 国際標準PLC その4

  
御無礼

  忘れていたと言うより、早くも興味をなくしていたこのネタですが、気を取り直して続き。

  「 制御システム(PLCシステム)事業の課題 」

  その3とその4は似てるので一緒に。

  3.複数の技術者を抱えているが、技術者のスキルが大きく異なり、納期・品質を守るため、
    結局特定の優秀な技術者への依存が高まっている。


  
4.現状のPLCラダーでは情報共有や共同作業がうまくできず、優秀な技術者の知識・資産を
    他の技術者が有効利用できていない。


  んじゃあ、IEC−PLCならこの問題にどう解決の道筋をつけてくれるのかということですね。

  「 優秀な技術者 」 が作った定型的なコードを、ラベルとFB ( 及びFBD ) でブラックボックス化してしまって、
 それを使い回ししましょう、ってことなんだと思います。
  そうすりゃ、ブラックボックスの中身なんか理解していなくても、変数定義さえすれば、スキルの低い技術者も結果として
 優秀な技術者と同等のコードを書いてることになるし、同じ目的なのに技術者によって異なるコードを書いちゃうなんてことが
 なくなるよね、って話。

  まあ、特にケチをつけるような話でもないですが、これが進んでいくと、本来同レベルであるべき 「 複数の技術者 」 が、
 「 システムエンジニア 」 と 「コーディング屋さん 」 に分かれてしまって、ますますレベル格差が広がるんじゃないか、って
 気もしますね。んで、「 システムエンジニア 」 が引退したり死んだりした時には、もはやコーディング屋さんしか残っていないかも
 しれません。

  そもそも最も構造化のネックになっているのは、PC のシステム開発なんかと違って、PLC の場合は短納期の一品モノみたいな
 仕事が圧倒的に多いので、そもそも使い回しできるような定型的なコードというのは生み出しにくい。
  とはいえ、これまでもそれを言い訳にして個々人の力技に安住し、みんながみんな 「 俺すげえ 」 を振りかざした挙句、
 「 困った時の 前任者 」 になってしまっているのも確かかもしれませんね。

  まあ、御無礼承知で個人的な意見を言うと、これまでここでもよく書いてきたように、PLCプログラムなんてラダーだろうが
 構造化だろうが、たいして難しいものじゃないわけで、あんまり大仰に考えるほどのことでもないんじゃねーか。ぶっちゃけすぎか。

  大仰に考えているのは 業界という妙な存在だけで、ただ、その妙な存在が御旗を振り回すことで、「 PLCのプログラムは
 IEC−PLC に準拠すること 」 なんて仕様書にうたわれるケースは今後間違いなく増えてくると思われます。

  じゃ、次回に続く。




 
04月01日(日)  新年度

  新年度です。はえーなー。また3月までを過去ログに移しました。
  明日が初出勤という皆様は、不安と緊張と憂鬱でいっぱいかもしれませんね。まあ、がんばれや。

  東京の桜はもう終わりかな。桜の写真をSNSにアップした人が56億7千万人くらいいそうですね。


桜吹雪


  三菱電機が新工場建設とか。


   
三菱電機はファクトリーオートメーション(FA)システム事業の好調を受けて、
  国内外で生産体制を強化する。生産の自動化や省人化に伴う需要が拡大しており、
  国内では2工場の新設を計画する。海外でも中国の拠点増強や、インドに新工場を
  設ける検討も始めた。2018〜21年度に合計で400億円程度の投資を見込む。


      ( 日経新聞より )


  FA事業、好調なのかあ。ふ〜ん、としか言いようがないけど、悪いニュースではないよな。

 ではまた。